上手く依頼するには

上手く依頼すれば、費用を抑えることもできます。例えば浮気調査の場合。

依頼主ができる範囲で、最大限の情報を収集しておくことで、無駄な調査を省くことができます。一番オーソドックスなものは、浮気をするであろう日を今までのデータから予測し調査してもらうというもの。例えば、第2木曜と第3金曜だけ帰宅時間がいつも以上に遅い、とかこんな行動をする次の日は、どうやら浮気相手とあってるみたい。など、相手の行動のデータを取っておくことで、浮気相手と会うであろう日を予測することができ、やみくもに調査日を決定するよりも、確実に浮気の証拠を押さえることができる確率が上がります。

イベントの日、つまり対象者の誕生日周辺やクリスマス、バレンタインデー前後などは、浮気相手と会う約束をしている事が多いようです。どの浮気のケースにも当てはまってしまうので、イベントの日周辺は、調査依頼をしたくても、早くから埋まってしまう事が多いようです。クリスマスやバレンタインなどのイベントの日前後に調査依頼をしようと考えているのなら、早めに相談に行くことを検討してください。

上手く依頼するには、まず感情的にならず冷静にデータ収集を行うことが大切です。浮気の気配を感じたら、すぐに依頼を頼むのではなく、自分でできるデータの収集をするようにしましょう。