探偵どう選ぶ?


調査力があって、家の近くまたは会社の近くに事務所をかまえていて信頼のできる所がいい。普段の買い物と同様に、探偵にも選ぶ際はずしてはいけないポイントや、気をつけておきたいところがあります。

一般的に、探偵を選ぶ時参考にするのは、電話帳やインターネットのホームページが主流です。通勤時に見かける駅の看板や路上で見かける広告で選ぶことがいけないというのではありません。ただ、目に飛び込んできた広告だけで依頼をしてしまうのは少し怖いものなのです。後で後悔しないために、依頼先である探偵は慎重に選びましょう。

探偵選びのポイント

その1.住所(所在地)が掲載されているかを確認。

電話帳でもHPでも、まず確認したいところは所在地が掲載されているのかどうかです。所在地が分からない探偵に頼むほど怖いものはありません。だって、実際に、そんな探偵は存在しないかもしれないからです。もちろん、住所(所在地)が記載されていたからといって、安心してはいけません。実際にそこに存在するのか、確認する必要があります。

その2.公安委員会の届け出番号は掲載されているか。

探偵業法の制定により、探偵業を営む場合、各地域の公安委員会に届け出をしなくてはいけなくなっています。公安委員会の届け出番号が掲載されているということは、届け出を出しているということなので、探偵選びの目安になります。また、この届け出番号は依頼や相談に事務所におとづれた際、依頼者の目につくところに掲示しておく必要があるので、確認することが可能です。

その3.価格の確認。

安ければ安いほどいい。なんてことはありません。では、高ければ高いほどいいのかと言うとそれも違います。HP上などで、一見他より安く見せているけれど、調査後、諸経費や延長料金などを入れると、まったく安くなくむしろ高い。なんて設定をしているところや最初からそんな工作をせず、堂々と他よりも高い設定のところがあります。まずは、見積もりを取り、他社と比較してみましょう。

その4.調査力

調査力は頼んでみないとわからないもの。と決めつけてはいけません。調査の様々なシーンに合う機材を持っているか確認することで、完璧ではなくとも、調査力をある程度計ることは出来ます。特に浮気調査の場合、夜間の撮影が多いので、夜間に強い機材を持っているかどうか。はいい判断材料になります。一般の録画機器のナイトモードしかない。なんて事はまずないはずです。