上手く探偵依頼する方法ってあるのでしょうか。

探偵を選ぶ時、それは自身に問題が起こっている時がほとんどです。そんな時あなたは冷静に探偵を選ぶことができるでしょうか。
問題が起こっている時、人は冷静な判断力を鈍らせてしまったり、人によってはパニックになってしまうこともあるようです。
普通に生活をしていれば、一生のうち全く接点を持つことのない人もいる「探偵」という職業。どんな人が探偵業を営んでいるのかわからず、調査が必要なのに、依頼することに二の足を踏んでしまう人もいるようです。

しかし、事前に知識を得ておくことで、困った状況に置かれても、次の一手を思いつく可能性が出てきます。二の足を踏まず、スピーディにトラブルを解決する良い手段にもなります。全ては段取りがカギ。窮地に追い込まれた時の一手だけでなく、選び方、依頼の仕方次第では高額になりがちな費用も、シンプルで無駄のない探偵依頼をすることで押さえる事も可能になります。

このサイトでは探偵依頼の前にやっておきたい事や押さえておきたいポイント、無駄のない探偵への依頼の仕方など、探偵依頼の知識についてまとめています。探偵依頼の参考に、また知識としてお読みください。

  


探偵の調査

探偵の調査はいろいろあります。そのなかでも代表的な調査が浮気調査です。
浮気調査はその名の通り、配偶者または恋人が他の異性と密会していないか調べるための調査です。そして探偵事務所の調査依頼の大半が、この浮気調査だと言われています。

浮気調査の他にも、盗聴器が仕掛けられていないか調査する盗聴器発見調査、家出や行方がわからなくなった家族や友人、知人を探す人探し調査、企業の信用調査に、ストーカー実態調査など、様々な調査を行っています。

そして、これらの調査は全ての探偵が得意としているわけではありません。
浮気調査や人探し調査といった調査は探偵ごとに大きな違いというのは少ないのですが、ほかの盗聴器発見調査や企業信用調査、ストーカー実態調査といった調査には、必要な専門の知識などもあって、全ての探偵が調査を行っているわけではないようです。


依頼で困ったとき

探偵に調査を依頼しようとしたとき、または探偵に調査を依頼して困ったときに相談する場所として、調査業協会や弁護士、国民生活センターがあります。

すでに耳にしたことがある方もあると思いますが、探偵に調査依頼をして、その探偵とトラブルになったという話を聞いて、探偵に調査を依頼すること事態に不安を持った人もいると思います。

実際に、探偵に調査を依頼した依頼者と探偵との間で生じたトラブルの相談件数は、年間で数千件以上あるという国民生活センターの統計があります。

それだけ探偵と依頼者の間でトラブルが発生しているということですが、こうしたトラブルにならないようにするためには、依頼者も怪しいと思った探偵に調査を依頼しないようにしましょう。

探偵を名乗る業者の中には、株などで損失したお金を取り戻せると謳う業者がいるようですが、これは確実に詐欺です。
そもそもどのようにして損失したお金を取り返すのか不明ですから、信用しないようにしてください。

また、インターネットトラブル解決を謳う探偵にも注意が必要です。インターネットで間違ってワンクリック詐欺などの架空請求が届いたりして、探偵に相談するという人もいますが、こうした架空請求は見に覚えのない物は警察に相談するのが確実です。



盗聴器発見アプリで解決しよう
自分には関係ない。では済まされない、増加する盗聴の実態と対策を解説。
結婚前の興信所調査情報ネット
多様化する出会い、結婚前の興信所調査の必要性を紹介しています。